Liella! 東京追加公演と関西コミティア

イベント

 あ、下書きのまんま公開するの忘れてた!! ということで、結構前の振り返りです。ご覧ください、どうぞ。

 新型コロナウイルス感染症の再拡大(第10波とかそれくらい?)が続く中ですが、先日参加した「ラブライブ!スーパースター!! Liella! First LoveLive! Tour ~Starlines~」東京追加公演と関西コミティア63についてまとめておきます。

スポンサーリンク

Liella! 1stライブの集大成がここに

 10月からスタートしたLiella! 1stライブでしたが、東京追加公演という形で無事グランドフィナーレを迎えられました。

 竹之越は、群馬1日目、群馬2日目、渋谷2日目、有明1日目、有明2日目と参加できました。

 有明2日目以外は、1階席前方と大変素晴らしい座席運でしたが(有明2日目も見やすいバルコニー席でした)、Liella! 5人のパフォーマンスが何よりもどんどん進化してきており、連番を組んだ方の言葉を借りると「同じ人間とは思えない」すごい5人が集まったなと思った次第です。

 同じ楽曲でも、群馬1日目から公演を重ねるごとに、完成度だけでなく変化も感じられるようになり、自分も頑張っていかなければと奮い立たされる思いでした。

 細かい楽曲リストはほかの方にお任せするとして、注目楽曲はやはりアンコールの「Shooting Voice!!」でしょう。コロナ禍で離れ離れになっても声で繋がっているよ、声を届けるよという想いが込められた楽曲。長かった1stツアーの終わりという節目であり、始まりの終わりを彩るにふさわしいセトリだったのかなと思います。2ヶ月間と決して長くない間隔ですが、また再びLiella!の皆さんの歌声を聞くまで離れていても、声でつながっている、そう感じさせてくれる楽曲なんだろうと吸収しました。

 また、2日目のラスト「LIVE with a smile!」は、カウントダウンの光景を彷彿とさせる演出。こちらはファンというよりは、Liella!を応援するすべての人への決意表明といった印象。「全員で駆け巡る」という決意をストレートに表現したものと受け止めました。

 まあ、難しい言葉を抜きにして最高でした! という言葉だけで表せられる、最高のライブでした。参加された皆様、大変にお疲れ様でした。

 2ndライブの当落も続々と発表されております。2ndのみなとみらい公演も、当選できましたので、皆様とまた横浜の地で会いましょう!

関西コミティア

当日の天気は雨! 正直かなり厳しかったです。

 サークルブログなので、関西コミティアのお話も。

 冬コミの新刊を持ち込みまして、2回目の関西コミティアでした。オミクロン株の影響をひしひしと感じるイベントで、欠席サークルも多く盛り上がりが少なかった印象でした。それでも、多くの方に手にとっていただきましてありがとうございます。

 海外旅行記では、写真を中心に構成していましたが、国内旅行記は文字中心の方がいいんですかね。まあいつでもいける場所であればその方が良いのかもしれません。皆様のご意見を是非お聞かせいただければと思います。

 冬コミも人数制限の影響か、本の出来がさっぱりだったのか、コミケット初回参加時を彷彿とさせる結果にもなりましたし、同人活動維持を頑張るサークルではありますが、立ち止まって考えるいい機会なのかもと思っております。

当日のメニュー。冬コミで使い損ねた(忘れた)メニューです。

 次回の即売会参加はおそらく6月以降ぐらいになるかと思います。春先は何かと忙しいですし、まずラブライブ!関連がめちゃくちゃ多いのもあるので。新刊その他バンブーリーディングの書籍は、メロンブックスにて一部取り扱いもございますので、合わせてご利用いただければと思います。

 では、今回はこの辺で失礼いたします。

この記事を書いた人
竹之越 甲

BAMBOOGarden代表。
海外旅行と東京を含めた世界のディズニーリゾートをめぐるのを生き甲斐にするクリエイター。
好きなアーティストは、Suaraさん、堀江由衣さん、スフィア、戸松遥さん、斉藤朱夏さん。
ラブライブでは、Aqours(推しは曜ちゃん)、Liella!(推しは千砂都ちゃん)、ニジガク(愛さん、彼方ちゃん)。
好きなポケモンは、フォッコとイーブイ。

竹之越 甲をフォローする
イベント 竹ノ越甲
スポンサーリンク
竹之越 甲をフォローする
BAMBOOGardenクリエイターブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました